その他

複数業者からのしつこい営業電話がない、買取入札

  • メールアドレスだけの匿名登録なので個人情報が守れる
  • あなたの車に複数業者がおよその買取額を提示
  • 一番高い買取額を提示した業者だけに個人情報を送信

YAMAHA XSR900に2年間乗ってみての感想

バイク好きの幼馴染にそそのかされて大型二輪免許を取り、初めて買ったバイクがXSR900でした。それまでバイクには全く興味がなかったのですが、乗ってみると楽しくてハマりました。若い頃にバイクに乗っていたら無茶して事故っていたでしょうが、40歳を過ぎた大人になってから乗ったというのがまずは良かったと思います。

教習所ではCB250、CB750、NC750で練習しました。ホンダCBはクセがなくて乗りやすいバイクでした。NCはちょっとクセがあるかなという感じです。そこからのXSR900。免許を取得してから1年間のブランクがあったので最初は怖かったです。

XSR900は1代目のバイク。なのでこれが僕にとっての標準となりました。この記事を書いている時点で、2代目のSCR950に買い替えて250km走っています。ここでやっと初めて分かったXSR900の個性。まずはデザインが最高にカッコイイです。オーセンティック外装をまとうと、よりカッコイイ。

足付きは踵が浮く程度です。もう少し足付きが良ければいいなと思いました。車体重量は195kgと軽く、ちょっとバックしたり切返すのは楽でした。オーセンティックを付けていたので目立ってカッコ良く、道の駅やガレージでガン見されて快感でした。また、色んな所で「カッコ良いですね。その色懐かしいです」とRZ250世代の方に声を掛けられました。

低速でもトルクがあり、半クラでもかなり前に出ます。バランスを整えないまま半クラにすると危ないですね。街乗りでは物足りないです。やっぱりワインディングや広い道で本領発揮します。高速での加速は文句なし。アクセルを開けた瞬間に反応し、身体が後ろに置いて行かれて行く感覚です。引っ張ってギヤを上げると、本当に気持ちいいです。

冬はラジエターの熱で下半身が全然寒くないです。ポカポカの熱のバリアーです。しかし夏は地獄です。走っても止まってもラジエターの熱がムワッと上がって来ます。2018年のお盆に、しまなみ海道を走ったのですが、記録的猛暑で本当に辛かったです。

ヘルメットはSHOEIのネオテック。他のヘルメットに比べてかなり重いです。このヘルメットでXSR900に長時間乗ると、前傾姿勢のため、肩と首がメチャクチャ痛くなります。長距離ツーリングではかなりの負荷がかかって翌日も痛みが取れませんが、軽いヘルメットにすれば軽減されると思います。

エンジン音も申し分なくカッコイイです。アメリカンの「ボッボッボッボ」でもなく、ホンダの「シュウーーン」でもない、「ドゥルン、ドゥルン」です。そんなにうるさくないのですが、しっかり主張しています。シート幅があり、長時間乗っていてもお尻は痛くなりません。ガソリンはハイオク、タンク容量は14L、燃費は悪いとは思いません。

路面状況やライダーの好みに応じ、制御の強さを「1(弱)」「2(強)」「OFF」から選択できるTCS(トラクション・コントロール・システム)、走行環境やライダーの好みにより、「STDモード(リニアで鮮明なトルク感とスムーズな走行フィーリングを低速から高速まで楽しめる、さまざまな走行条件に適したモード)」、「Aモード(STDモードより、シャープでダイレクトなレスポンスを楽しめるモード)」、「Bモード(STDモードより、穏やかで扱い易い出力特性を楽しめるモード)」を選択できますが、切り替えても違いが全然分かりませんでした。

僕のバイクの乗り方は、晴れた日のツーリングだけです。毎日の街乗りにするなら排気量とグレードを落としたバイクの方が適していると思います。

まとめ

XSR900は扱いやすく、レスポンスが最高です。ワインディングでも高速でも性能をいかんなく発揮してくれます。足付きが悪いので背が高い人しか乗れないのが残念ですが、買って損はありません。