スバル

複数業者からのしつこい営業電話がない、買取入札

  • メールアドレスだけの匿名登録なので個人情報が守れる
  • あなたの車に複数業者がおよその買取額を提示
  • 一番高い買取額を提示した業者だけに個人情報を送信

4代目フォレスター(2012-2018)の買取相場が知りたい!最新版!(2020年8月現在)

フォレスター

昔から4WD乗用車を得意とするスバルが自信を持って送り出し、今や5代目が販売されている「フォレスター」。水平対向エンジンによる左右対称のバランス感覚が秀逸なシンメトリカルAWDを武器にしたプレミアムSUVとして人気の高い車種ですが、最後のターボ車であり、最後にMT車も設定されていたのが2018年まで販売されていた4代目でした。その4代目フォレスターの買取相場における評価はいかに?

北米市場の要請で華麗なる転身に成功したクロスオーバーSUV、フォレスター

今でこそ重厚かつ高品質なプレミアムSUVとして成功しているスバル・フォレスターですが、最初からこのような姿だったわけではありません。

1997年にデビューした初代から2007年に販売を終えた2代目までは、インプレッサをベースにちょっとハイルーフなクロスオーバー・ステーションワゴンといった出で立ちで、国際ラリーにも参戦するなど走りの良さが最重視された、スポーティなSUVでした。

大きく変わったのは2007年にデビューした3代目からで、主要市場の北米から要請を受けて一回り大型化、ヘッドスペースにも余裕が出るほど高くなった全高も目立たないほど大柄なボディとなり、ライバルメーカーのクロスオーバーSUVと遜色ない車内スペースを手に入れたのです。

そのコンセプト変更には賛否両論あったものの、後に2代目までのフォレスターのポジションへXVが収まった事もあり、結果としてスバルはXV、フォレスター、レガシィアウトバックと重厚なSUVラインナップ構築に成功した事となります。

4代目フォレスターは3代目のコンセプトを引き継ぎ、2012年11月から2018年7月まで販売されていたモデルで、3代目後期から採用された新型のFB20型2リッター自然吸気エンジンに加え、伝家の宝刀EJ20に代わる2リッターターボに新型の直噴ターボエンジンFA20を採用。4速ATに代わって無段変速機「リニアトロニック」CVTが組み合わせられました。

フロントマスクはレガシィやインプレッサなど、他のスバル車と共通イメージになりつつも重厚で力強いデザインになり、現在に至るまでスバル車最大の特徴の一つとも言える安全運転支援システム「アイサイト(当時はVer.2)」を初搭載しています。

新型エンジンやミッションの高効率化、アイドリングストップ採用などで、それまでの水平対向エンジン搭載スバル車の悪弊だった燃費の悪さは大幅に緩和しつつ、アイサイト非搭載車(2.0i、2.0i-Lには6速MTを残すなど走りにもこだわっていたのも特徴でした。

特にターボエンジンや6速MTは現行の5代目へ引き継がれなかったため、4代目は「MTで操ったり、ターボで豪快な加速を味わえる走りのフォレスターとしては最終モデル」という事になります。

4代目フォレスター・中古車販売価格の相場と流通台数は?

4代目フォレスターの中古車販売価格の相場と流通台数を、大手中古車情報サイトからチェックしてみましょう(2020年8月現在)。

【フォレスター(4代目)】
修復歴なし:69.8~322.3万円・813台
修復歴あり:89.9~199.8万円:27台

新車価格が200万円台前半~300万円台前半の車としては高めの販売価格に感じますが、2014年11月に発売されたSTIコンプリートカー「ts」が希少価値もあって高値で販売されており、tsを除けば修復歴なしでも中古車価格の上限は279.8万円へ留まります。

まだ比較的新しい車とはいえ、2018年7月に5代目へモデルチェンジしてから2年以上がたった型落ちという事もあって中古車販売価格は手頃になりつつあり、8年落ち程度の初期型なら車両本体価格が約70万円程度まで、相場は下がってきました。

ただし、830台ほどが中古車市場で流通している4代目フォレスターのうち、6速MT車はわずか9台、ターボ車(CVT)はそこまで少なくないとはいえ178台のみで、現状で特段プレミア価格はついていないものの、「走りのフォレスター」をこの中から探そうと思うと、ある程度の妥協は必要かもしれません。

4代目フォレスター・買取価格の相場と、年式、グレードごとの傾向は?

では、買取相場ではどのように評価されているのでしょうか?これも大手買取専門業者のサイトで買取実績が確認されたものを、年式やグレードごとの評価と合わせて紹介します。

まずは年式ごとの平均買取価格と平均残価率(オプション込み新車実勢価格に対する買取価格の割合)です。

【4代目フォレスター】
2012年式:約52万円・約17%
2013年式:約62万円・約21%
2014年式:約69万円・約23%
2015年式:約93万円・約31%
2016年式:約127万円・約41%
2017年式:約132万円・約43%
2018年式:約138万円・約45%
総合:約76万円・約26%

中古車販売相場である程度予想はできたとはいえ、型落ち車の宿命として買取相場の下落は始まっています。

とはいえ4年落ち2016年式までは、新車価格に占める買取価格の割合を示す「残価率」が40%台と比較的堅調で、人気のSUVらしく高価買取を期待できるものの、5年落ち2015年式以前では相場がグッと下がる傾向です。

これは2回目の車検(1回目が新車登録から3年、2回目から2年おきで5年)も一つの要因ですが、それより大きな影響を与えているのは2015年10月の大幅改良で、この時にアイサイトのステレオカメラが白黒映像のVer.2からカラー映像のVer.3へと進化し、フロントマスクも刷新されるなど見た目も機能もガラリと変わったのが効いていると思われます。

4代目フォレスターが人気のSUVとして使われるのは2016年式以降で、それ以前は型落ちのさらに古い車として、さらに一段と低い評価になる、と覚えておくとよいでしょう。

続いて大まかなグレードごとの平均買取価格と平均残価率です。

【4代目フォレスター】
2.0i/2.0iアイサイト(廉価グレード):約42万円・約17%
2.0i-L/2.0i-Lアイサイト(標準グレード):約91万円・約33%
2.0i-Sアイサイト(上級グレード):約62万円・約20%
2.0XT/2.0XTアイサイト(ターボ車):約111万円・約33%
X-BRAEK(アウトドア仕様):約113万円・約38%
S-リミテッド(特別仕様車):約119万円・約37%
スタイルモダン(特別仕様車):約114万円・約37%
ts(STIコンプリートカー):買取実績なし

評価が高いのはターボ車とX-BREAK、特別仕様車で、自然吸気エンジンを積んでいても撥水シートなどでウィンタースポーツやアウトドア向きのX-BREAKや、内外装の質感を高めた特別仕様車に限っては高評価なのですが、普通の自然吸気エンジングレードはあまり市場で重視されておらず、廉価グレードの2.0i系に関しては平均で20%を切ります。

やはりSUVとしての付加価値が高いグレードか、現行の5代目では消滅したターボ車、あるいは今回の統計には含まれていませんが、同じく5代目で消滅したMT車も含め、「4代目フォレスターでないと」という付加価値がないと、人気のSUVだからと期待するような高価買取は、なかなか難しいかもしれません。

ターボとMT、tsは今後の希少価値増加に期待!他は前期なら即売り

ここまで紹介したように、4代目フォレスターには、売ってオトク感があるかどうかの「リセールバリュー」という観点から見れば、「新旧アイサイトのいずれかで価値がガラリと変わる」、「ターボやMTなどは希少価値が認められそう」という特徴がハッキリしています。

自然吸気エンジンとCVTの組み合わせで、アイサイトのバージョンが古い2015年10月以前の4代目フォレスターは、アウトドア向けSUVとしての付加価値があるX-BREAKを除いて、今後も買取査定で価値が上がるとは考えにくく、売却する意思があれば、なるべく早く売り切るのがオススメです。

一方でターボ車やMT車、さらに買取実績はありませんでしたが、中古車販売相場から高額買取が期待できるSTIコンプリートカー「ts」に関しては、今後時間が経つにつれてプレミア的な価値が出てくる見込みがかなり高いかもしれません。

というのも、スバルは改良された新型水平対向エンジンでも、「CAFE(企業別平均燃費基準)」と呼ばれる自動車メーカーへの燃費規制をクリアするのが非常に難しいメーカーで、大衆車メーカーの中でもプレミアム性が高いとはいえ基本的に数を売らなければいけません。

ならばスポーツ性が高くとも燃費が悪いターボ車、電子制御CVTに比べドライバーの腕に依存する分だけ効率が悪く、燃費が悪化しがちなMT車(昔はMTの方が燃費は良かったのですが、逆転してしまいました)など、今後はあまり販売できません。

WRX STIのようなスポーツセダン、レヴォーグのようなスポーツワゴンならともかく、SUVにまで「燃費が悪くても許される枠」を回す余裕はないと思われ、ターボやMTのフォレスターは今後発売される見込みは限りなく低いでしょう。

つまり現状で中古車市場に並んでいる車と、これから買い取られて中古車市場に流れる4代目フォレスターのターボ車やMT車が「フォレスターとしては最後で最新モデル」という状態が続くため、タマ数減少とともに、一定の需要があればプレミア価格もありえます。

「普通の4代目後期フォレスター」ならそこまで考える必要はありませんが、2.0XT系やtsといったターボ車、2.0i、2.0i-LのMT車は、大事に乗り続けて価値上昇を待つのも、今後の楽しみになりそうです。

※中古車販売価格や買取相場は2020年8月現在の金額です。

4代目フォレスター買取ならこちら