トラック重機

複数業者からのしつこい営業電話がない、買取入札

  • メールアドレスだけの匿名登録なので個人情報が守れる
  • あなたの車に複数業者がおよその買取額を提示
  • 一番高い買取額を提示した業者だけに個人情報を送信

購入時の参考にしよう!スキッドステアローダやコンパクトトラックローダの豊富なアタッチメント

購入時の参考にしよう!スキッドステアローダやコンパクトトラックローダの豊富なアタッチメント

コンパクトで超信地旋回(その場で方向転換)も可能なため狭い現場での作業に向いているスキッドステアローダやコンパクトトラックローダは、多数あるアタッチメントを交換することでさまざまな用途へ投入可能な万能建機の代表格です。今回はそんなスキッドステアローダやコンパクトトラックローダと、代表的なアタッチメントを紹介します。

万能建機!スキッドステアローダとコンパクトトラックローダ

4輪式の『スキッドステアローダ』と装軌式(キャタピラまたは履帯)の『コンパクトトラックローダ』は、走行装置こそ異なるものの、いずれも左右の走行装置を逆転させることで超信地旋回を可能にしている建機です(たとえば右の走行装置を前進、左を後進させれば左旋回する)。

非常に短い車体の後部から乗員のキャビン(車室)の左右を挟むように伸びたアームの先へ豊富に準備されたアタッチメントを装着することでさまざまな作業が可能な多用途建機でもあり、油圧ショベルのようにも、ブルドーザーやフォークリフトのようにも使う事が可能であり、全長が短いため狭い現場へも入れて、超信地旋回能力を活かして大型ホイールローダーでは不可能な作業も楽々こなします。

それぞれの作業では専門の重機ほどの能力は持たないとはいえ、アタッチメント換装による多用途性や現場を選ばない使い勝手の良さから、1台あると非常に助かる存在がスキッドステアローダとコンパクトトラックローダです。

元々はアメリカのボブキャット・カンパニーがその名も『ボブキャット』として開発した建機ですが、現在はトヨタL&Fなど国産建機メーカーを含め、世界各国の建機メーカーが生産・販売しています。

スキッドステアローダ/コンパクトトラックローダの代表的アタッチメント、各種バケット

スキッドステアローダ/コンパクトトラックローダの商品写真で装着しているのがもっとも多い代表的アタッチメントが各種バケットで、用途に応じた形状や大きさ、奥行きによってバケットだけで何種類もあります。

見た目から想像できるような掘削や積み込み、運搬のほか、バケットによっては法面成形や整地、敷き慣らしにも活用可能なため、バケットで可能な作業のためだけにスキッドステアローダ/コンパクトトラックローダを使っているユーザーも多いようで、実際に工事や建設から畜産・農業など広い用途でよく見かけるアタッチメントです。

中にはアームの先で土砂を掘ったりいろいろな物を運びだすだけでなく、バケット上部の爪を使って「つかみ取る」グラップルバケットも存在し、大きくかさばる物でも力強く扱う事ができます。

フォークリフトのごとく使えるフォーク類

狭い場所から物を運び出すのに向いているスキッドステアローダ/コンパクトトラックローダの長所を活かせるのがフォーク類のアタッチメント。

フォークリフトと同じような2本爪でパレットに載った資材や肥料などを運べるフォークもあれば、何本も突き出した鋭い爪で乾燥した干しわらなど軽くて大きな物を運ぶユーティリティフォーク、上部に可動式の爪を追加して「つかみ取る」タイプのグラップルフォークもあり。

専門のフォークリフトのように「物を真上に持ち上げて積む」ような用途には向いていませんが、持ち上げて他の場所へ運ぶ程度ならフォークを装備したスキッドステアローダ/コンパクトトラックローダで十分です。

ちょっとしたブルドーザーのように使えるブレード類やグレーダーなど整地系

本職のブルドーザーほどではありませんが、山になった土や砂、家畜の排せつ物、雪などを押しのけて移動させたり、軽い押土作業や整地に使えるのがブレード類のアタッチメント。

ドーザーブレードと呼ばれる油圧制御で前後左右の調節が可能なブレードでは小型のブルドーザー並の作業が可能です。

超信地旋回はできなくなるものの、先へ長く伸ばしたアーム先端に車輪を、根元にブレードを装着してグレーダーとしても使えるアタッチメントも存在します。

他にも農場で掘り起こして粉砕した土壌へ堆肥を混ぜ、平らに整地していく『チラー』や、工事現場で溝などを埋めつつ平らに整地していく『レーキ』、コンクリートやアスファルトで固める前に地盤の土砂を締め固める『新道コンパクタ』など、整地用のアタッチメントも充実し、道路のアスファルトやコンクリート面を修復する『コールドブレーナ』もあり。

バケットやフォーク、ブレードといったアタッチメントだけでも、「持ち上げる、運ぶ、積む、押す、整地する」といった作業がこなせるスキッドステアローダ/コンパクトトラックローダの多用途性には十分ですが、まだまだ魅力的なアタッチメントがあるのです。

ユンボいらずな「掘る」「削る」「砕く」アタッチメント

よく『ユンボ』や『バックホー』などと呼ばれる油圧ショベルの役目も、スキッドステアローダ/コンパクトトラックローダならアタッチメント交換で可能です。

その名も『バックホー』というアタッチメントはユンボのアームとバケットそのもので、ユンボが必要な現場でもスキッドステアローダ/コンパクトトラックローダへこのアタッチメントを装着すれば、わざわざユンボをレンタルしてくるまでもありません。

また、他にも『オーガ』と呼ばれる強力な油圧スクリュードリルで穴を開けたり、地面に直線状の溝を掘って電線など各種ケーブル、水道管やガス管などを敷設しやすくする『トレンチャ』あるいは『ボーリングユニット』、より深い溝を掘れる『ディガー』、アスファルトやコンクリート、岩盤や凍結地など堅固な地盤へ溝を掘削する『ホイール・ソー』など掘削系のアタッチメントも充実。

さらにビット先端でコンクリートなど硬い物も砕く、解体現場でユンボには欠かせない『油圧ブレーカー』や、毎分20回も上下する重いウェイトの衝撃でコンクリート床面などを大まかに破砕する『ドロップハンマー』など、破砕系アタッチメントもあるため、ユンボなしでもスキッドステアローダ/コンパクトトラックローダでできる作業をかなり増やしています。

道路などの清掃もオマカセ!ブルーム類アタッチメント

日本の道路でもあちこちで「低速作業中」と表示しつつ行われている道路清掃も、スキッドステアローダ/コンパクトトラックローダの『ブルーム』などと呼ばれるアタッチメントへ含まれています。

前進・後進ともに可能なブルームではブラシで掃いて集めたゴミをバケットへ回収する『ピックアップブルーム』や、ブラシで軽量なゴミをかき取る『ユーティリティブルーム』、他にも前進しながら左右へ角度をつけられる大型ブラシでゴミを前方や側面へ押しのけていく『アングルブルーム』は高速作業も可能で、雪もかき飛ばせるため除雪も可能です。

草刈りや樹木の伐採も可能なアタッチメント

大型の草刈り機となるアタッチメントもスキッドステアローダ/コンパクトトラックローダには準備されています。

高速回転する2枚場で地面から生える雑草や雑木まで刈っていく『ロータリーカッター』や、円盤状切削刃を高速回転させて低木や藪、間伐材まで伐採してしまう『ブラシソー』、シャモジのような刃を取り付けたローラーを高速回転させ、草を低く狩り揃える『フレールカッター』や、大型芝刈りアタッチメントの『モア』などもあり。

林道など道路保守にも役立つ、立ち木や倒木の類も切断というより粉砕除去してしまう『フォレストリーカッター』もあれば、雑木や廃材をその場でチップ化してしまう『チッパー』、切り株除去作業用の『スタンプ・グラインダ』など、園芸や林業用途でもアタッチメント次第でスキッドステアローダ/コンパクトトラックローダは有能です。

日本ではありがたい除雪用アタッチメント

バケットやブレード、アングルブルームでも除雪はできますが、せっかく狭い場所での作業にも向いているスキッドステアローダ/コンパクトトラックローダですから、『スノー・ブロア』などと呼ばれる除雪用アタッチメントもあります。

公道のみならず敷地内の狭い私道、駐車場、歩道まで除雪可能なスノー・ブロアはバケットをひっくり返したようなブレードの中へ雪をかき出すロータリー式の排雪機が入っており、上に伸びたダクトから外側へ雪を排出していくロータリー除雪車と同じ仕組み。

除雪車と違って降雪時以外は別用途に使えますから、冬はオフシーズンで使わないスキッドステアローダ/コンパクトトラックローダを除雪車として有効活用することも可能で、大型のホイールローダーより狭い場所も除雪できて、小型除雪機よりも高い除雪能力を誇ります。

機種ごとに準備されたアタッチメントは異なるので、用途に応じて選ぼう

ここまで紹介したアタッチメントはスキッドステアローダ/コンパクトトラックローダのメーカーによって呼称が異なったり、全てのメーカーで設定、装着可能とは限らないものもあります。

スキッドステアローダ/コンパクトトラックローダを購入またはリースする際は想定する用途を広く考え、必要なアタッチメントを装着可能な機種を選びましょう。

また、アタッチメントはレンタルも可能なので、必ずしも使うアタッチメントを全て買い揃える必要はなく、使用頻度が高いものや、繁忙期にはレンタルが難しいものだけ揃えておけば十分です。