福岡県

複数業者からのしつこい営業電話がない、買取入札

  • メールアドレスだけの匿名登録なので個人情報が守れる
  • あなたの車に複数業者がおよその買取額を提示
  • 一番高い買取額を提示した業者だけに個人情報を送信

諫早からレンタカーで雲仙岳~長崎市内~平和の像、原爆資料館

福岡の友人との再会の後、長崎に行くことにしました。長崎は初めてです。僕はキリスト教が嫌いなので、キリシタンの印象が強い長崎は無意識に避けていたのですが、今回は気が向いたので行ってみることにしました。天神駅から諫早駅に向かいます。九州はカッコイイ車両が多いですね。

長閑な景色です。

諫早駅の近くには数件のレンタカー店があり、適当にガッツレンタカーに入り、借りることができました。ガッツは免許証の他に保険証の提示も必要でした。まずは雲仙岳に向かいます。

車はスズキパレットを借りました。車内は広くて快適なのですが、パワーが無く全然走りません。

雲仙岳はユニークなシルエットをしていて、近づくごとに違う形になっていきます。面白いです。

温泉が湧いているので、あちこちで硫黄臭い煙が上がっています。

国立公園なんですね。ちなみに国立公園の管理責任者は環境大臣、国定公園は知事です。空気が澄んだ山道を進むと、温泉街がありました。観光客がお金を落としていくように土産店やホテルが立ち並んでいましたが、そういう人工的なものには全く興味がないのでスルー。おしどりの池に立ち寄り、長崎市に向かうことにしました。雲仙岳は遠くから眺めるだけで良いことが分かりました。

40kmほど走ると長崎市内に入りました。路面電車が見えた途端、急に長崎感が出て「あ!ブラタモリで見たことある景色」と思いました。運転中なので写真は撮れなかったのですが。チェックインまで時間があるので、平和の像、原爆の爆心地、原爆資料館に行きました。75年前、この地で起きたことを想像して祈りを捧げました。

爆心地へ。ここの下の川に水を求めた人たちの死体が山のようにあったそうです。河原の敷石は被爆当時のものを使っているそうです。

そして最後に原爆資料館へ。爆心地のすぐ隣です。修学旅行生がメモを取りながら進んでいました。ゆっくり見ると1時間以上かかります。

本日の宿は中華街の近くのホテルです。フロントで3,000円分のクーポンをもらい、中華街で使いました。旨かった!