北海道

複数業者からのしつこい営業電話がない、買取入札

  • メールアドレスだけの匿名登録なので個人情報が守れる
  • あなたの車に複数業者がおよその買取額を提示
  • 一番高い買取額を提示した業者だけに個人情報を送信

利尻島へ。利尻島はクレジットカードが使えなかった。

利尻空港

利尻島に行くことにしました。夏しか行けないので、梅雨に入った時期を狙いました。JALなら伊丹空港から利尻島への直行便があるのですが、生憎チケットが取れなくてANAにしました。ANAは新千歳空港で乗り継ぎです。

飛行機を降りて振り返ると、利尻富士が見えます。島のどこからでも利尻富士は見えます。いつもなら空港からレンタカーを借りて宿に向かうのですが、今回は宿まで歩くことにしました。利尻島に5泊するのですが、小さい島なのでレンタカーを借りるのは1日だけで十分です。寒いのかなと心配していましたが、むしろ暑いです。湿気が少しあって日差しが強いのですが、風が強くて中和されます。でも宿まで4kmの道を歩くと、さすがに汗をかいてベトベトになりました。実は宿から車で迎えに来てもらっていたのですが、気付かずに歩いてしまいました。

宿にチェックイン。クレジットカードはこの島では使えないようで、現金で支払いました。これ、結構重要情報ですよね。利尻島、礼文島はクレジットカードが使えません。この宿は風呂、トイレは共同です。チェックインして「温泉に行かれますか?」と女将さんが言われるので、連れて行ってもらいました。車を運転するのは夏だけここに働きに来ている台湾人の面白いおばちゃん。女将さんは普段は信州でゴルフ場やホテルを経営されていて、夏の間だけ利尻の宿を経営しているみたいです。「この宿、去年買いました」とのこと。温泉はダメでした。入場料は500円ですが、ロッカーは施錠する場合は200円必要です。脱衣場が床暖房になっていて暑いです。風呂上りに汗が止まりませんでした。お湯は何てことはない水道水っぽく、露天風呂には虫がいっぱい浮いていました。

宿の近くに食事処があって、そこで地物の食材が食べられるみたいですが、行ってみると貸切でした。他に食べるところがないので、仕方なく近所の小さいスーパーでカップラーメンを買い、晩御飯にしました。この宿は朝食しか出ないんです。ちょっと変な宿です。