日本でも『相乗り』という形(運賃は取らずガソリン代や高速道路代など実費の折半で合意した額のみ)、あるいはタクシーやハイヤーの配車限定ながらサービスが始まっている『ライドシェア』。本来は個人が所有する車で行き先が同じ人を同乗者として運ぶ事から始まっており、日本では配車アプリ以外まだその域を出ていませんが、通常のタクシーやハイヤーと違ってどのようなリスクがあるか、乗せる人、乗る人双方の注意点を紹介します。

タクシーやハイヤーと違い、互いに本来は見ず知らずの『ライドシェア』

『ライドシェア』とは起源が2つあり、1つは目的地、あるいは経由地を同じくする複数の旅行者のうち、車を持っている人が持っていない人を同乗者として乗せていくパターン。

ヒットハイクも広義で見ればライドシェアの一種と考えられなくもないですし、RPG(ロールプレイングゲーム)でありがちな「ぼうけんのさかば」で冒険する仲間を集める感覚にも、ちょっと似たようなところがあります。

もうひとつが遠く離れた職場や学校へ向け、同じ車にコミュニティ(集落)の住民が一緒に乗って移動していくパターンで、日本ではスクールバスなど運行されそうであまり考えられませんが、アメリカのように広い大陸へ集落が点在しているケースでは昔からあったようです。

これらは前者は大抵が見ず知らず、後者は基本的には顔見知りという事になりますが、場合によってはたまたま(ヒッチハイクなど自力以外の手段で)たどり着いた旅人も利用させてもらえるケースがあったかもしれません。

いずれにせよ、タダ乗りというのもあんまりなのでガソリン代、有料の道路を使う場合にはその通行料も乗車人数で折半すれば、乗せる方も乗る方も安く移動できるというWin-Winな関係。

この考えを一歩推し進めて、むしろ積極的に乗せたい人と乗りたい人を結びつけ、乗せたい人には積極的な現金収入の機会を、乗りたい人には安く移動できる機会をより多く提供しようと始まったのが『ライドシェア』サービスです。

もちろん、最初に紹介した2つのケースでは『移動のついでに相乗りさせて交通費を安く済ませる』だけなので、ただ相乗りさせただけでは利益が出ませんし、乗りたい人も乗せてくれる人を探すのに一苦労。

しかし現代はスマートフォンがありますから、互いのGPS情報や位置登録情報、アプリを使ったチャットなどで待ち合わせは容易になりますし、クレジットカード決済や電子マネーで支払いも容易になりました。

そこで、ライドシェア用のスマートフォンアプリでは乗せたい人と乗りたい人を紹介する『マッチング』と、乗りたい人からは運賃を、乗せたい人には手数料を引いた運賃を払う形で、誰もが利益を得られるようになっています。
ただ、基本的には見ず知らずの人と同乗するという意味では、スマートフォンアプリのサービスが始まる以前からそう変わりはありません。

日本ではまだ世界中で広がりを見せている『旅客運送業としての』ライドシェアは法律の問題もあって普及していませんが(タクシーやハイヤーの営業車以外では道路運送車両法違反の白タク行為にある)、日本で実現している範囲のライドシェアサービスの注意点をいくつか考えてみます。

タクシーやハイヤーとは『見ず知らず』の意味が異なる

もちろん、街で拾ったり電話で呼んだり(今はスマートフォンアプリでも呼べますが)するタクシーやハイヤーでも、基本的に運転手と乗客は見ず知らずという意味で変わりません。

しかし、乗る側からすればタクシーヤハイヤーという時点で「タクシーやハイヤーの会社や、個人タクシーを認可している官公庁のお墨付き」という意識があり、それだけで安心感があります。

乗せる側はそうはいかないものの、タクシーには強盗などにあったさい、さまざまな方法で外部へそれを知らせたり通報するシステム、無線を強制的に送信し続けて車内状況を知らせたり、社内に向けたカメラで監視するシステムなどが整い、守られているものです。

それでも暴れる客は暴れますし、犯罪を犯してしまうタクシー運転手がいるくらいですから、基本的に見ず知らず同士(顔見知り程度で連絡先も知らない関係を含む)のライドシェア利用者であれば、そのリスクは非常に高くなります。

それを防ぐため、ライドシェアサービスでは免許証などの本人確認書類をドライバーにも同乗者にも提出させてもらい、身元のハッキリしている人しか利用できないようにはしていますが、基本的には出会い系アプリのマッチングサービスと変わらないので、偽造される可能性は皆無ではありません。

そこでライドシェアサービスでは双方に『評価』を導入し、そう広くない車内でともに時間を過ごす存在として、どれだけの評価が得られるか、ドライバーの場合は運転の、同乗者の場合は車内マナーも含めて閲覧出来るようになっています。

ライドシェアアプリの『notteco(のってこ)』など見ていると、「せっかく乗せてもらったのだから」という事なのか、タクシーやハイヤーのように『運賃』まで取られないからなのか、基本的には高評価が多い傾向ですが、時には運転スキルで厳しい評価が下されることもあるようです。

自分以外の客観的な評価を見られるのがライドシェアアプリの良いところで、むしろタクシードライバーにはなかなかないサービスかもしれませんが、それだけリスクに気を遣うサービスという事でもあります。

ただし、これもまた出会い系アプリ同様『サクラ』が存在できてしまうシステムなので、100%完全とは言えないのが悩ましいところ。

できれば、1度や2度の高評価だけでなく、何度も実績のある人をドライバー、同乗者ともに選べればベストですが、利用し始めた時はそういうわけにもいかないので、何度か評価を受ける実績を上げるまでは、たとえばドライバーは相乗りの負担額を安くするなど、気を使った方がいいかもしれません。

料金は『現金受け渡し』の場合もあり、トラブルの元とならないよう注意

ライドシェアアプリの中には料金設定がアプリのシステム任せだったり、ドライバー側、利用者側で最初から希望額を提示している例などありますが、日本の相乗り系ライドシェアアプリでは料金の受け渡しにカード決済やクレジットカード決済ではなく、直接現金受け渡しの場合もあるようです。

特に『notteco』のように現状では無料マッチングのみ、利用料は取らないというサービスだと、ドライバー側がスマートフォンなどを使った電子決済方法を自分で準備していない限り、現金決済となります。

最近はスマートフォンに読み取り端末を接続するだけで、簡単にクレジットカード決済や電子マネー決済ができる仕組みもありますが、日本だとこの種の電子決済は基本的に事業者(この場合はドライバー)が負担しますから、使うだけ損です。

しかも基本利用料も決済代行会社からしっかり取られるため、個人レベルでこの種の決済サービスを利用する意義が薄く、日本で未だに電子決済が浸透しない理由でもありますが、目下のところ改善される見込みは全くありません。

そのため個人レベルでのやり取りである限り現金決済が多く、中にはアプリ運営事業者が決済代行する場合もあるのでドライバーと同乗者の間で直接決済する必要がないケースもありますが、その場合はアプリ運営事業者の取り分がかなり多いため、ドライバーはやはり損をしてしまいます。

結局、2019年1月現在の日本では『現金決済が一番確実で、特にドライバーは損をしなくて済む』のが現状です。

また、システムが相乗り料金を設定しない場合はドライバーと同乗者の『言い値の同意』が支払額となりますが、これも事前にしっかり確認して利用時に「そんな話聞いてない」というトラブルにならないのが肝心でしょう。

nottecoなど長距離の相乗りにも対応しているサービスだと、1人のドライバーが同じ車、出発時間で2種類の金額を書いている場合があり、最初は乗車位置(助手席や後席など)による違いと思いきや、よく見たら安い方は経由地までの料金だった、という事があります。

これはドライバーの側からもしっかり伝えるべき事ですし、同乗者の側からも「なぜ金額が2種類あるのですか?」と、少しでも疑問に思ったらコミュニケーションを取っておくべき事。

見ず知らず同士が同乗して移動するだけに、タクシーやハイヤー以上にコミュニケーションが大事です。

ライドシェアの個人ドライバーは接客業ではなく、同乗者が他にいる場合もある

タクシーに乗車すると、積極的に話しかけてくるケースもあれば、全く無口で最低限の言葉しか発しないタクシードライバーもいます。

話が弾んで楽しい、逆に鬱陶しい、無口の車内空間が気まずい、逆に風景を楽しめるなど、感想は様々かと思いますが、タクシードライバーは接客業ですから、基本的に話しかけられて嫌だと感じていては、なかなか商売になりにくいでしょう。

しかし、ライドシェアアプリで相乗りする事になった場合、事実上単なるタクシーやハイヤーの配車アプリとなっているケースを除く個人ドライバーの車に乗る場合は、『ドライバーは接客業ではない』と心得るのが肝心です。

形の上では「好意により交通費をいくらか負担してくれれば相乗りさせてくれる人」に過ぎませんし、道路運送法で定められた旅客運送業の運転手でもないため、そもそも同乗者は同乗者以上でも以下でもなく、『客』でもありません。

そのため、特に話好きでも話し上手でもないのだけど、同乗者がいた方が自分の交通費が安くなる、確実な運転だけ心がけようというドライバーもいますし、場合によっては自分以外にも同乗者がいるかもしれないわけです。

ドライバーも同乗者も気を使いましょう!運転免許や任意保険!

最後に重要な事ですが、ドライバーの免許はキチンと有効か?提出してある免許証が実は免停中などではないか?これはアプリで登録時にこそキチンとしていても、実際の乗車時にも確認させてもらうくらいでちょうどいいかもしれません。

同乗者は安心できますし、ドライバーも信用を得る一手段ですからそれで評価が下がるわけもないのですから、損はなし。

さらに、万が一の事故時を考えると、ドライバーがどのような保険に入っていて、それは本当にその車で有効で、どのような事故で同乗者が誰であれ保証されるものなのかどうか?

案外見落としがちなところでは、実は車がうっかり車検切れで事故を起こしても任意保険はおろか自賠責保険すら対象外…となっては何も補償をうけられませんから、乗車前の問い合わせで紳士的な回答を得られないドライバーは避けるべきです。

ドライバーの側でも、回答が面倒だと思うようでは要するに『日頃から愛車の車検も保険も把握しないままで見ず知らずの他人を乗せようとしている』という無責任な事をしていてはいけませんから、ライドシェアのドライバーをしようと思うなら、むしろ言われたらサッと証拠を提出できるくらいがスマートで、評価も赤丸急上昇するかもしれませんよ?!