ライドシェア

複数業者からのしつこい営業電話がない、買取入札

  • メールアドレスだけの匿名登録なので個人情報が守れる
  • あなたの車に複数業者がおよその買取額を提示
  • 一番高い買取額を提示した業者だけに個人情報を送信

カーシェアとレンタカー、何が違う?

カーシェアとレンタカー、何が違う?

1台の車を複数のドライバーでシェアする(分けあう)『カーシェアリング』でよくある疑問が「レンタカーとは何が違うの?」です。地域によっては多種多彩な車種から選べる個人間のC to C型カーシェアならともかく、カーシェア事業者の場合は車種も限定されてくるため余計に違いがわかりにくくなります。さらにはレンタカー事業者がカーシェアをやっているケースもあり、「どっちがいいの?」と迷うケースも出てくるでしょう。

同じ『車を借りる』でも、いろんな形が出てきた現在

かつて、『車を借りる』といえば、親兄弟や友人知人から「ちょっと借りる」ですとか、仕事で会社の車を「ちょっと使う」というケースを除けば大抵はレンタカーで、主に法人向けのカーリースを個人でも使う事がある、という程度でした。

しかし、現在ではレンタカーやカーリース以外にも、1台の車をその時その時で使いたいドライバーが複数でシェアする(分けあう)形の『カーシェアリング』も登場し、日本でも次第に普及してきています。

さらにはカーリースでも「月々いくらか払えば乗り換え放題で、気分や好み、用途に応じていろんな車に乗れる!」という『定額制カーリース』まで登場してきたので情報収集が大変になり、「選択肢が増えすぎて、考えたくなくなってきた」という人もいるでしょう。

それでもカーリースはまだ、『月々のリース料を払えば車を手元に置いたままにできる』という意味で、時間が来たら返さないといけない、決められた時間が過ぎたら延滞料などが発生するレンタカーやカーシェアとは根本的に異なります。

では、レンタカーとカーシェアという似たような印象がある2つのサービスでは、何がどう違うのでしょうか?

レンタカーに比べて実に多種多彩なカーシェアリング事業者

この2つのサービスで大きく異なるのは、まずサービスを提供する事業者の種類かもしれません。
レンタカーにせよカーシェアリングにせよ、『事業者が車を貸す』という体裁の場合は、国土交通省の運輸支局へ『自家用自動車有償貸渡業』としての事業認可を受け、貸渡自動車(貸し出す車)として、いわゆる『わ』ナンバー(一部『れ』ナンバー)で登録されます。

しかし貸出元がレンタカーの場合はいわゆるレンタカー業専門の『レンタカー屋』に加え、ガソリンスタンドや整備工場など自動車の整備能力を持つ事業者がレンタカー業も並行して営んでいる事が多いものです。
対してカーシェアリングの場合は、レンタカーのような事業所を持たなくてもスマートフォンや会員カード、クレジットカードのみで使用や決済ができるメリットを生かし、『タイムズ24』や『三井リパーク』などコインパーキング事業者も数多く参入しています。

さらにカーシェアリングには『事業者が車を貸す』形態ではなく、『個人同士の車の貸し借りを仲介し、その仲介手数料を取るだけ』というC to C型(Consumer to Consumer、個人間取引)のカーシェアリングもあり、事実上個人のカーシェアリング事業参入が実現。

個人間のライドシェア(相乗り)が有償でも『謝礼』とみなされて商取引に当たらないのと同じような感じで、レンタカーより参入に対する敷居の低さが目立ちます。

敷居が低いのはコインパーキング系のカーシェア事業者も同じで、各地に存在するコインパーキングをそのまま拠点にできるため、稼働率の低いコインパーキングの有効活用策として増加中です。

さらにはレンタカー業やカーリース業、果ては新車販売ディーラーまでもカーシェアへ参入し、特に自動車メーカー系のレンタカー業やディーラーは、そのメーカーの自動車に接する機会を増やすよい宣伝とばかりに力が入ってきました。

レンタカーとカーシェア、料金にはどんな違いが出る?

ではレンタカーとカーシェア、どちらを使った方が料金はよりオトクなのでしょうか。

どちらのサービスも『格安』と呼べるものから輸入高級車や高額なスーパーカーを取り扱うものまでケースバイケースではありますが、レンタカーもカーシェアも両方手がけるレンタカー業者のケースが比較しやすいかもしれません。

トヨタ系のトヨタレンタリースでは一部地域で『ラクモ』というカーシェアサービスを開始しており、地域によって借りられる車や料金体系が異なるようですが、トヨタレンタリース大阪でのレンタカーと『ラクモ』の料金を比較してみます。

※料金は全て税別
●トヨタレンタリース大阪 レンタカー(ヴィッツ)通常料金
~12時間:5,000円
~24時間:6,500円
以降24時間毎:5,500円
超過料金:1,000円/時
●トヨタレンタリース大阪 ラクモ(ヴィッツ)
~1時間:1,000円
~2時間:2,000円
~3時間:3,000円
~4時間:4,000円
~24時間:5,000円
超過料金:270円/15分
距離料金:10円/km

『距離料金』とはレンタカーでは本州以南に比べて破格の走行距離となる北海道以外あまり馴染みがありませんが、ラクモの場合は『時間料金+走行距離に応じた価格』が利用料金となります。

仮に1時間ずっと高速道路を100km/hで走っても100km×10円で1,000円、実際はそんなに走らないでしょうから、4時間借りて100kmほど走れば5,000円で12時間レンタカーを借りるのと同じになるため、借りる時間が長いほど、走行距離が多いほどレンタカーが安い計算です。

もっとも、中には「ちょっと1~2時間借りて近くに車でないと運べない荷物や人を運ぶ用事があるだけ」という人もいるでしょうし、そのような用途だとレンタカーだと割高でカーシェアの方がオトク。

C to C型カーシェアサービスの場合は車種も多彩なら料金設定もオーナーごとで独自に決めるためマチマチですが、少なくとも『レンタカー業者』と『カーシェア業者』の車を借りる場合は、トヨタレンタリースの例がほぼそのまま当てはまるはずです。

もっとも、最近では「10分100円から」というカーシェアとほとんど変わらない料金加算方式を採用した格安レンタカーもあるため、結局は「自分の身近で一番オトクなサービスを利用してください」という事になります。

さらに、トヨタレンタリース大阪の『ラクモ』やC to C型カーシェアサービスの『Anyca(エニカ)』のように会員登録時の入会費や月額費用、年会費が無料のカーシェアもありますが、『タイムズカープラス』のように初期費用(入会費)や月額料金が発生するケースも。

そうした初期費用や月額料金が発生するサービスは、短時間利用を月に何度も行うようなヘビーユーザー向きです。

レンタカーとカーシェア、利便性はどちらが上?

次に利便性ですが、どうしても車を何台か止めておく固有のスペースが必要なレンタカーはある程度の敷地面積を持つ事業所(拠点)が必要で、郊外ならともかく都市の中心部などでは立地条件が限られ、なおかつ必ずしも交通アクセスがいい場所に開設できるとは限りません。

カーシェアもレンタカー業やカーリース業、ディーラーなどが運営するサービスは基本的に同じ問題を抱えていますが、コインパーキング業やC to C型のカーシェアでは各地に存在するコインパーキングや月極駐車場、個人オーナーの自宅などを拠点にできるため、立地条件は大幅に緩和されます。

特に大都市圏の駅前に数多く存在するコインパーキングにカーシェア車両が配備されているケースが増えたため、コインパーキングが増えれば増えるほど利便性はどんどん高まってきました。

もちろん郊外の住宅地などでも最寄り駅前にコインパーキングがあれば、そこにカーシェア車両が配備されている可能性は高いため、そのような場所では理想的なパーク&ライド(公共交通機関と自動車の併用)環境が実現されています。

もっとも、レンタカーも立地の不便さは百も承知であり、古くからある最寄り駅などと結ぶ送迎サービスが存在するほか、最近では『宅配レンタカー』という、レンタカーを借りたい人がいる場所までお届けするサービスも登場しているので、レンタカーの利便性が極端に低いとまでは言えません。

さらにレンタカーには駐車スペースを活かして『普段乗っている車で乗りつけてレンタカー事業所へ置いていき、用途に見合った別な車へ乗り換えて出かける』という使い方も可能です。

レンタカー業が運営している場合など店舗型カーシェアでも可能なケースはありますが、コインパーキング型の場合は駐車場所がカーシェア車両専用となっているため、『カーシェア車両のスペースへ自分の車は止められない』と思った方がいいでしょう。

カーシェアは主に借りる場所まで車で行かない人向けながら借りられる場所は多く、レンタカーはどちらのケースでも対応可能で借りられる場所は少ないながらも、送迎や宅配サービスで補っているため、利便性については両社とも拮抗していると言えます。

どちらも課題は品質や保証

料金にせよ使い勝手にせよ、「よく調べて自分に見合ったサービスを探そう」という結論にはなりますが、どのサービスを利用するにせよ課題は車やサービスの品質、事故などトラブル時の保証についてです。

この点でもっとも優れているのはレンタカー事業者の中でも自動車メーカー系や大手業者で、豊富な車種ラインナップを活かして車種が多く、MT車があるなら選択可能だったり、カーナビなどオプションサービスも選べます。

借りる際にはその時点で車体についている傷などを把握しているため、後から「傷をつけられた」とクレームをつけられる可能性は低く、保険も充実しているため万が一の事故でも免責金額が大きく、ロードサービスなど実費を払うだけで済む事が多いものです。

ただしレンタカーでの格安事業者となると最初からいつ壊れるか不安なボロボロの中古車をあてがわれた挙句、故障や修理を「壊した」とクレームをつけられる例もあるため、品質面は本当に料金に比例するものと考えた方がいいかもしれません。

カーシェアも基本的に同じような考え方になりますが、コインパーキング式など前に乗ったドライバーが何をしているかわからない場合、C to C型カーシェアリングなどオーナー次第なところがあります。

特にC to C型カーシェアリングの場合は車ごとにユーザーレビューが記載されていますから、そこでクレームをつけられていたり、レビューが少なくオーナーが貸すのに慣れていないとわかる場合などは、事前のやり取りで不安を解消しておくのが肝心です。